ブラックスワン

ブラックスワン ネタバレありの感想 映画

早く観たいとうずうずしていた映画、 ブラックスワンを観てきました。 結論から言うと、とても面白い!! 絶対に観るべき!! こんなに初めから最後まで、ストーリーの求心力を落とさず、 飽きることなく観られたのは久しぶりです。 この映画は、今敏監督の『パーフェクトブルー』に影響を受けて……

続きを読む

大人の友情

大人の友情とは?

大人の友情 / 河合 隼雄 (著) を読みました。 こんな本を読むのは、友達がいないからだろう? と思う人もいるだろうが、 この本を読もうと思ったきっかけは、 私が書いた小説から起因する。 その小説は、友情をテーマにしたミステリーだった。 しかし、書き進めて、自分の友情観とも呼ぶ……

続きを読む

日本の誇り

日本人の誇り 書評

日本人の誇り 藤原 正彦 (著) を読みました。 藤原氏といえば、ベストセラーの「国家の品格」を執筆された方だが、 また素晴らしい本を書いてくれた。 この本を読み終えたとき、私の胸に広がったのは、 希望だった。 東日本大震災があった日、私は新宿にいた。 高層ビルからおびただしいほ……

続きを読む

大局観

大局観-書評、そしてリーダー像

大局観 自分と闘って負けない心/羽生 善治を読みました。 私は将棋をやったこともなければ、正直言ってルールも知らない。 だけど、羽生さんは知ってる。 そんな人でも興味深く読める本です。 羽生さんは、私の地元の鳩森神社で挙式され、 寝癖をつけて将棋会館に向かう姿を何度かお見かけして……

続きを読む

民宿雪国

民宿雪国 書評

民宿雪国のストーリーは、丹生雄武郎(にうゆうぶろう)という画家で、 連続殺人犯の数奇な人生の謎を追求する。 評判どおり、巧みなストーリー展開にこちらは騙される。 なにより文章表現、リズムがよく、ページをめくるスピードを上げた。 寝付きの悪い私は、寝付くために読み始めた読書が、 思……

続きを読む

加害者家族

加害者家族、書評

加害者家族 著/鈴木 伸元を読んでみました。 大変興味深い本でした。 たしかに一般的に、加害者はもちろんのこと、 加害者家族に対しても、世間は辛辣な言葉を浴びせ、強い怒りの感情を抱く。 その正義の代弁者を気取るマスコミにはたびたび行き過ぎ感があり、 見ているこちらは嫌気が差し、辟……

続きを読む

学問のすすめ

今こそ、学問のすすめ

学問のすすめ 現代語訳 福沢諭吉を拝読。 いつの時代にも通用する名著である。 そして我々、現代の日本には耳の痛い言葉が綴られている。 今一度、日本再建のために我々は先人の言葉に耳を傾けるべきだ。 歴史を知らぬ者に、今を理解することはできず、未来を見ることはできない。 諭吉先生は言……

続きを読む

デフレの正体

デフレの正体とは何だ?

デフレーション(deflation)とは、物価が持続的に下落していく経済現象を指す。 その原因は、少子高齢化がまねいた、 とこの本「デフレの正体 経済は「人口の波」で動く 」はどうやら言いたいようだ。 私は読んでいて、かなり早い段階で疑問を感じた。 しかし本の帯には、著名な方が推……

続きを読む

脚本の書き方
かわいい!コス