八日目の蝉 ネタバレありの感想 映画

とっても評価の難しいストーリーだった。

見終えて、監督はどういう意図で作ったのか気になり、
インタビューのサイトを見た。
以下は、監督だけではなく、難しい役に苦しんだ役者陣を通した言葉で話されているが、
「親が子を殺し、子が親を殺すという事件が起きる今の世の中にあって、
“この母娘の愛を自分はどんなふうに演じれば良いのか?生半可な気持ちでは演じられない”
という思いだったと思います」
と語っている。

母娘の愛??

ここに違和感を抱きながら映画を観ていたので、
会場中からすすり泣く女性のように、
私は素直に感動することができなかった。
それは単純に、私が男だからかもしれない。

さて、ストーリーは、
冒頭、誘拐犯で育ての親となる希和子(永作博美)と生みの母(森口瑤子)との
法廷シーンの対立から始まる。


「この女は、娘の体を奪っただけでなく、心まで奪った。私たちの心まで奪った。命は奪ってないけど死刑にならない。時間と、私の娘を返せ!」
と母親は、親子の絆にとって一番重要な四年間を希和子に奪われ、怒鳴るように訴える。
この女性は、娘を奪われただけなく、夫も一時期奪われかけているのだが。

しかし、希和子は反省の弁を一切述べようとしない。
むしろ挑発するように、あなた方の娘と一緒に過ごせたことに感謝すると述べる。
退廷する希和子に、「死んでしまえ!」悲鳴のような声で怒鳴る母親。

この構図を頭に入れながら、
この物語はどこへ向かうのかと、原作を読んでいない私は興味を引かれた。

構成演出は、
希和子が、恵理菜(井上真央)を誘拐し、恵理菜を薫という名で育てる幼少期の話と、
成長した恵理菜が、フリージャーナリストの千草(小池栄子)と出会い、
過去を振り返っていく展開を交互に表現していく。

だが終始、女性ばかりが話の中心で、男性の入り込める余地のない、稀な作品。
むしろ排除するような感じで進む。
だからか、女性の感情、希和子の母性に理解しがたいことが多く、
途中、疲れて考えることを放棄するほどだった。
希和子に、ずっと感情移入のしどころを考えていたが、なかなか見つからず、
この人は身勝手だなーという印象を払拭できないままだった。

しかし、その希和子に育てられた薫が、
純粋に成長していく姿には、戸惑いを通り越して、
よかったね、とさえ思えてしまうのだから不思議だ。
母性というより、子が親(親じゃないが)を無条件に愛する姿には感動を覚えた。

だが、それはこの映画の主軸ではない気がするので、
困ったときは、映画の冒頭にかえって考えてみる。
そこにメッセージ性があるからだ。
しかし、話はどんどん、希和子の母性、薫に対する愛や
その母子の絆に焦点が当てられ、
被害者である母親は、恵理菜と空白の時間を埋められず、
ヒステリーになり、悪者に描かれていく。

そもそも希和子が誘拐したのは、
愛人の子供を産めないことからなのか、
堕胎したことで、自分が子供が産めない体になってしまったからなのか、
それともその愛した男の子供だからなのか、
単純に親になりたいからなのか、
女は、その愛人にどういう感情を持ち、どういう気持ちで子供を誘拐したのか。
本当は自分が産むはずだった子が、ここにいると思って誘拐したと考えるのなら、
それは本当の母性なの?
ちょっと言葉悪いけど、狂ってる状態なんじゃないの?
と、やっぱりどうしても希和子に心寄せられない部分が残ってしまう。

しかし逃亡の中、人を騙しながら、その人たちに支えられつつ、
二人の温かい暮らしぶりを見せられるうちに、
背後や横からすすり泣く女性の声が聞こえた。
女性は、この状況に感情移入するのかーと妙に感心してしまう。

たしかに、希和子が捕まり、薫と離ればなれになるシーンで、
「その子はまだご飯を食べていません。よろしくお願いします」と警察に頭を下げるところは、
何とも言えない、これが母性というのかという感心と
これを愛と呼んでいいのかという戸惑いが交錯し、
不思議な感覚を覚えた。

「蝉って、何年も土の中にいるのに、地上に出て七日で死んじゃうんだって。かわいそうだよね」

「そうかな。ほかのどの蝉も七日で死んじゃうなら、別に悲しくないよ。もし自分だけ、八日目まで生きて、仲間がいなかったらその方が悲しいね」

成長した恵理菜とフリージャーナリスト、千草との会話のシーン。

これはつまり、途中で誘拐犯の希和子に育児を放棄された方が悲しい。
八日目の蝉、つまり自分は、
本当の母親に育てられた時間は悲しい、苦痛だったという裏返しなのか。

この恵理菜の感情も難しいなーと思う。

そのうちに、自分も不倫をしていて、
希和子と同じように、愛人の子を身ごもる。

母親になんかなれっこない。
あの人と同じことしてる。

やがて千草と過去を振り返るうちに、恵理菜は記憶を徐々に取り戻していく。
島で希和子と過ごした日々、あの人も自分をちゃんと愛して育ててくれたことを思い出す。
さらに捕まる間際、写真館で母子として写真を撮ったことを思い出すと、
その古びた写真館へ駆け出す。
写真館の男は、希和子はここで撮った写真を取りにきたよ、と話す。
そして、暗室へ連れて行き、浮かび上がる、希和子と薫。
そこには紛れもない母子の姿。

それを見て、恵理菜は、子供を産む決心をし、母となることに希望を見出す。

「八日目の蝉は、ほかの蝉には見られなかったものを見られるんだから。
私がこの子に色んなものを見せてあげる」

と、成長した恵理菜と希和子の交流はこの間接的な部分だけで終わる。

静かに暗転し、中島美嘉の曲が聞こえると、
再びすすり泣く声があちこちから聞こえた。

しかし、ひねくれた私の性格はあることをラストに思った。
冒頭のシーンだ。

「あなた方の娘と一緒に過ごせたことに感謝する」

これがもし、
元愛人である希和子なりの復讐だったら、泣けただろうか?

と女性に問いたい。
男の私はその方が泣けただろう。失禁して、失神もするが。

Pocket

脚本の書き方
かわいい!コス